タブレットの活用で復習が楽しくなる

気軽でテンポの良いタブレット学習

最近は塾の教材が進化していて、タブレットを活用した学習も増えてきています。スマホやタブレットといった機器に幼少期から慣れ親しんでいる世代にとって、紙の教材よりも取り組みやすい場合も多いようです。自宅での学習は、塾での授業よりもモチベーションを維持するのが難しいですが、タブレットを使って復習することができれば、ゲーム感覚で取り組むことができます。プログラミングによって正誤もすぐにわかるので、テンポよく問題演習が進みます。
また、ネット接続をして問題を解くタイプのシステムであれば、講師側はリアルタイムで生徒の学習状況を把握することができます。生徒にとっても、次回の授業を待たず講師に成果が伝わるので、モチベーションアップにつながります。

タブレットならではの技術を活用

紙の教材の場合と比較して、問題のオーダーメイドもより細かく行うことができます。生徒一人ひとりの理解度にあった復習が可能なので、難しすぎてつまずいてしまったり、簡単すぎてやる気をなくしてしまうリスクが少なくなります。AIによる分析を行う仕組みも進化しており、問題のチョイスをきめ細かく行うことができるようになってきています。正答率が上がればすぐに内容に反映されていくので、生徒の向上心を育てます。 また、タブレットで復習することにより塾がデータ収集を行うのも簡単になり、正答率や取り組んだ時間などをランキングにすることもできます。一人で自宅学習を行なっていると気が緩みがちですが、このような仕組み作りにより生徒のやる気を維持することができます。

中学生の塾は、学校の授業の予習・復習に活用できます。学習能力の向上により点数アップのみでなく成績アップにも繋がります。また、他校の生徒がいることもあり、コミュニケーションの場としても考えられます。